仙台で高齢社会の看護に寄り添ってくれる看護師

私は、全身性エリテマトーデスと言う膠原病を患い、4ヶ月近く入院して現在も何種類もの薬を飲んでいます。

最初、病名を告げられた時は、多少の知識が有ったせいでとてもショックを受けました。自分なりにネットで調べたりしていましたが、逆に不安はつのるばかり・・・その病院には、私のような病気を専門に診てくれる医師がいなかったせいもあって、病名が判ってからも医学書通りの答えしか返ってきませんでした。詳しく知りたいと尋ねてもあいまいな返事しか返ってきませんでした。
総合病院に暫くは通院していましたが、時間が掛かるので病状も安定していると言う事で近くの病院で診てもらうことにしました。

しかし、小さい病院の先生は、色んな病気の患者さんを診ないといけないからか、知識が広くて浅いのです。
私のような、難しい病気の患者さんも余り居ないみたいで、何を聞いても、なんでしょうねー・・としか返ってきません。
しかも、プライドがあるようで、ネットで見つけた大学病院の情報を話して、薬の追加をお願いしても、そんな話は聞いた事は無いと相手にもしてくれません。それから、何を聞いても気のせいじゃないですか?年のせいでしょ、で終わるので最近は調子が悪くても言わない事にしました。

そこで、話しやすいのが薬剤師さんです。
こちらが質問すると直ぐパソコンで検索して下さり、答えてくれます。
こちらの情報も確認してくれます。
私も疑問に思ったら直ぐにネットで調べるので勉強になりますし、知識も増えます。

医者は何故患者の疑問に答えようと努力をしないのでしょうか?
私の様な患者でなくても、腰が痛い肩が痛いとお年寄りが診察すると、その年齢だから年相応の痛みですよ、と言われるお医者さんが多いようです。
年を取っているのは、本人が一番わかっています。それでも痛いのですから受診するのです。
年を取っても痛みをとる方法は沢山あります。もう少しプライドを捨てて患者に寄り添う医者が増える事を願います。
ちなみに、私の孫は看護師をしています。志を高く患者さんにも良い医療を、自分たちにも良い職場環境をといつも言ってます。そんな考え方を持ってくれる医療関係者が増える事、そして、私達もそうですが、看護師さんにもその時の自分の生活スタイルに合った条件で働いてほしいです。
看護師求人仙台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です